キマグレ+ヨクバリ→ブッフェ式

あれ、好き。これ、好き。 みんな、好き! そういうこと!  ―3児の母さんの思い出録―

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あはれ 白銀のGoldFish

我が家のかわいい、
白い金魚。

その名も「とっとちゃん」(はに夫さん命名)

ひろし3歳の年、公民館のお祭りの金魚すくいで、
たたき売り状態の50円でもらってきた
8匹の金魚の唯一の生き残り。
一番チビで、餌が口に入らなくて、
ちょっと大きい奴らに追い立てられて・・・。
でも一番、粘り強く懸命に餌をついばんでいて、
生き残るべくして生き残った、生命力に溢れたとっとちゃん。

いかにも金魚すくい。な、よくいる朱色の緋鮒。
でも、良く見ると尾びれが流金ぽい扇型をした、おしゃれさん。
一人ぼっちのストレスからか、
なぜかいつの間にか真白になってしまった。
翌々年に仲間が増えた時、
ものすごく嬉しそうに水槽を泳ぎまわって歓迎して、
初日から仲良くなった、優しくって気のいいヤツ。
2年の間にすっかり大きくなってて、
新しくきたのはとっとちゃんの半分くらいのサイズだったのに。
普通は大きいのが小さいのをいじめたりするらしいんだけど、
とっとちゃんに限っては、まったくそんな気配はなく。
ほんと、うれしそうだった。
あ、これ、飼い主の妄想じゃないから!

はにわがブルーなとき、
床に転がって水槽を眺めてると、ずいぶん心癒された。
はにわの魚飼育人生において、唯一「目が合う」魚だったの!
言っとくけど、これ、飼い主の妄想じゃないんだから!!

とっとちゃんは、なんだか不思議な、特別な金魚だった。

ここのとこ、水槽の手入れがすべての後回しになって行き届いてなくて、
早くきれいにしてあげたいと思ってた。
水槽掃除した後の、とっとちゃんの興奮泳ぎを見るの大好きだったんだ。


だけど、とっとちゃんは、もういない。


思わぬ災害に見舞われ、今やぼろぼろの骸と成り果てた。

とっとちゃんの最期を私は見ていない。
ただ、その現場の痕を見る限り、
壮絶な最期だったろうということは想像に難くない。

悔やんでも悔やみきれない。
なんとなく、そういう危険を感じていないこともなかったのに。
もっと早く、もっと蓋のしっかりした水槽に替えてやるんだった。
あるいは、別の場所に移動させておくべきだった。

ごめんね、とっとちゃん。
最後まで、ヒトの好奇心を満たしてくれたのね。
ありがとう。
はにわ、絶対忘れません。

でも、たまみは忘れると思う。
今日、何があったのか、も、
とっとちゃんの最後の泳ぎも。
知っているのは、たまみだけなのに。

あはれ、白銀のGoldFish。
まさかの幕引き。

とっとちゃん成長記の最終章。
サブタイトルは、
たまみの餌食 ― (註:食してはおりませぬ)。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://haniwabuffet.blog95.fc2.com/tb.php/178-e76d0fb5

右サイドメニュー

クリック募金

わたくし

砂埃埴輪

Author:砂埃埴輪
すなぼこり・はにわ
小6の時、友だちと作ったペンネーム。てづくり名刺を発見したよ…(//o//)


その他の主な登場人物
ひろし/9才 マイワールド炸裂
        バイオリン修業中
のぶお/6才 ブリっこ策略家
        控えめダンサー
たまみ/2才 ずりりんりりん
        ガンコちゃん
はに夫(お) はにわ家頭領
        コントラバッサー
はに妹(も) はにわの実妹
         放浪癖

gremz

英検2級単語ドリル



ご来場中のお客様

現在の閲覧者数:

アクセスカウンタ

FC2ブログランキング

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。