キマグレ+ヨクバリ→ブッフェ式

あれ、好き。これ、好き。 みんな、好き! そういうこと!  ―3児の母さんの思い出録―

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖畔の記憶

あれから、2週間。
まだ、微妙に日常に戻れてない。
やっぱり気力体力消耗するね・・・歳か?・・・いやだいやだ~

おんせんの人たち、ほかにも社会に戻れてない人が多いらしく、
おんせんがらみのBBSが、今までになく盛り上がってる。
のぞいてるだけでも結構面白い。
みんな~、仕事しなきゃだめですよ~。
って、はにわ家の中いまだ回復せじ。
ご飯作るのが、いちばん、面倒くさい。
だれか、おいしいもの食べさせてくれ。

今日は、はにわのはにわによるはにわのためのおんせん考。
read moreは長い長い独り言なので、
超ヒマ、な~んにもすることないよ~、という時以外は読まないでください。

支離滅裂だけど、あくまでも独り言ってことで。

ではでは
___________________________________________

おんせんこうみ考

はにわが大学でいきなり楽器を始めてから、あっという間に10年過ぎ去った。
そのわりに、あんまり成長してない? あちゃ。
しかし、このキマグレがこんなに長ーく続けただけ、すごいんです。
しかも、音楽と離れられないお方のとこに嫁入りまで・・・。
はにわが起こした謎の音楽の波紋は、はに妹も同じオーケストラで青春を過ごしたり、
邦楽専門だった はに祖母がガーシュインを聴くようになるくらい広がってしまった。
のに。
それでもクラシックに染まらなかった、頑固一徹(?)、はに父。
その はに父が、この初夏、病床にありながらも、こうみには行きたい、と言ってくれてた。
演奏を聴くためじゃないとこがミソなんだけど・・・
前に来てくれたときに気に入ったみたいでね。
あの土地で、はに父が実際にどこを歩いて、何を見て、何を感じたのか、はにわは全く知りません。
だって、演奏してるからさぁ。
でも、こうみには、はに父を呼ぶ何かがあるんだってことは確かなのです。
けれど今年は結局、治療と重なって来られなかった。
なんだか、すごくがっかりしました。
演奏会のお客さんとして来てもらうんじゃないけど、
おんせんの演奏会をBGMにして、はに父にこうみ散歩してもらいたかったなぁ。

おんせんこうみは、はにわにとって不思議なパワー蓄積空間です。
だから、はに父にもパワー蓄積してもらえるような気がしたんだけどね。
______________________

おんせんは、おんせんこうみから始まりました。

ここでおんせんの小さな苗が植えられて以来、すくすくすくすく育ってます。
そして同じとき、いつのまにやら、はにわ・ふぁごの種も蒔かれていたらしいです。
あの最初の演奏会を経験しなかったら、はにわ、もう楽器吹いてなかったかも知れなくて、
そしたら、ひろしやのぶお、今、はにわが嬉しいと思うもの、みんななかったかも知れない。

わお。思えば、すっごい重くない? おんせんこうみ・・・

こうみの第1回演奏会は衝撃的でした。
まず、メンバーが強烈だった。いえ、失礼
なんで、この中にあたしがいるんだ? って思った。ああっ、失礼
だって、はにわだけ知らない人っぽくて、
それに皆様、先輩だし(楽器も人生も)、なんか、いろんな意味で濃くて。はうっっ、失礼
しかしそれは運命の出会いでした。

初期おんせんは、赤面モノ、爆笑モノ。
とにかく、はにわ・ふぁごは今よりもっとひどくて、聴いてられない。目も当てられない。
はにわは基本的に自意識過剰の自己嫌悪タイプなので、
たいがい 自己否定→なげやり→逃げる という流れをたどって、
この図式に従えば、こうみの第1回および第2回演奏会あたりのこと思えば、
はにわ、もうとっくに おんせん部外者になってるはずなんだけど。
ところがどっこい、逆にのめり込んじゃった。
あんなに恥さらしておきながら、なぜか落ち込まなかった。
そんなことより、楽しくて、楽器やってて良かった、もっともっと一緒に演奏したい!!って、
理由はよく分からなかったけど、そう思ったのです。

おんせんこうみは、特別、不思議な場所なのです。

あかんぼの育児で、おんせんこうみ欠場したときの苦しさといったら!
お母さんたるもの子供優先はしょうがない、と自分に言い聞かせつつむせび泣く。
そのとき渇望してるのは、のどかな空気や景色だけじゃなくて、
「今年もちゃんとおんせんが続いてる」っていう安心感。
それは、おんせんこうみでしか味わえないんです。
その場にいられないと、捨てられちゃう気がして、なんか、不安で悲しくてね・・・。

この頃ますます練習不足すぎて、演奏会に出て良いものか、と毎年迷います。
もともとそれなりにできる人が練習不足なのとわけが違うから、はにわの場合。
下手だし、楽器について自信もてるとこなんにもないし。
ただね、どうしてもみんなと一緒に吹きたい!、っていう思いの強さには自信ある。
図々しいけど、そこは直らない性格だから、目をつぶってください。
だから、迷ってはみるけど、お腹の底では、出るって決まってる。

それで今回のおんせんこうみが実際どうなったかというと、ご多分に漏れず、
はにわ・ふぁご、もっと練習すべし!研究すべし!感じるべし! と、
全部足りない、つぎはぎだらけあなだらけの演奏でした。
ん~、当然じゃ。

ごめんね。

だけど、その後のおんせんがらみBBSの盛り上がりを見る限り、
みんなは楽しいすてきな演奏会だったと思ってるくれてるみたい。
あ~、おんせんこうみはおんせんの素だね~。
実は、ほかのみんなもきっと「ごめんね。」って思ってるとこあると思うんだけど、
それはそれで、良いのよね。

これが、おんせんこうみ。と、はにわは思います。

関わる時間が限られていて、合奏回数も少なくて。
でも集まったら、与えられた時間の倍くらいあふれんばかりの交流がある。
みんなで、その瞬間にできること、とにかく一生懸命果たす。
いつも、毎日のしなきゃいけないことに追われて、やりたいことに力を注ぎきれない中で、
自分にも周りにも大満足の演奏なんて、無理かもしれない。
おんせんこうみの録音は、
苦悩、混乱、焦燥、誤解、挑戦、反省、驚愕、動揺・・・
そんなようなものもいっぱいつまった、とても、面白いものが聞こえてきます。

出演することになってたから、準備してきたもの演奏してる演奏会じゃなくて、
演奏したくてしょうがない気持ちが先にあふれてきちゃって、ジタバタしてる演奏会。

とても、面白いです。悪くない。

おんせんのすてきなところは、全部ひっくるめて、おんせんの軌跡として認めて、楽しめること。

それが、次の演奏会の起爆剤になってるのかなぁ。

みんなの嬉しい楽しい大好きエネルギーを芯にして、
そこにあらたな努力や発見といった、いろんな火薬を重ねたホシを持ち寄って、
ひとつの玉にまとめたら、、、

ああ! 楽しみ!!
今度は、おんせんとうきょうです。

きっと、また、大きい花火が打ち上がりますよぉ。

みんな、笑顔の裏で、黙ってすごいホシ仕込んでくるから~、絶対。

あたしも、あたしのホシ、あたしなりにがんばって仕込むのだ。
だって、あたし、おんせんのひとりだもの!

おんせんで息させてもらってる、この幸運、
絶対、離さないぞ。
地獄からも、這い上がってくるぞ。
タマシイだけでもやってくるぞ。
てゆうか、いさせてくださーい!

初期おんせん、今聞くとね、赤面で爆笑なんだけど、
やっぱり夢中な音がするんだよ。
はにわ・ふぁごも、夢中な音が聞こえるの。
うれしいな。

おんせんが、おんせんじゃなくなったら・・・
はにわ・ふぁごの居場所、もう、どこにもなくなっちゃう。


おんせんこうみ、大好き。


     
はに父、
来年は、あたしの大好きなこうみ、来てね。




*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://haniwabuffet.blog95.fc2.com/tb.php/29-fa2821e6

右サイドメニュー

クリック募金

わたくし

砂埃埴輪

Author:砂埃埴輪
すなぼこり・はにわ
小6の時、友だちと作ったペンネーム。てづくり名刺を発見したよ…(//o//)


その他の主な登場人物
ひろし/9才 マイワールド炸裂
        バイオリン修業中
のぶお/6才 ブリっこ策略家
        控えめダンサー
たまみ/2才 ずりりんりりん
        ガンコちゃん
はに夫(お) はにわ家頭領
        コントラバッサー
はに妹(も) はにわの実妹
         放浪癖

gremz

英検2級単語ドリル



ご来場中のお客様

現在の閲覧者数:

アクセスカウンタ

FC2ブログランキング

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。